スポンサードリンク


L-92乳酸菌

L-92乳酸菌(Lactbacillus acidophilus L-92:ラクトバチルス・アシドフィルス L-92株)は、アシドフィルス菌のひとつです。



アシドフィルス菌は、ビフィズス菌と同様人間の腸内に存在する善玉菌です。膣や子宮頸、尿道にもいて病原菌の繁殖を防いだり、活動を抑制したりします。



また、アシドフィルス菌(ラクトバチルス・アシドフィルス:Lactobacillus acidophilus)は、ビフィズス菌が大腸や粘膜細胞を好むのに対して、小腸に最も豊富にいる菌です。



L-92乳酸菌は、Th2細胞の働きを抑制するTh1細胞を活性化させる働きを持つことで、Th1細胞とTh2細胞の免疫バランスの改善する作用が期待できるものとして注目されています。



免疫系の中心であるリンパ球の一種のT細胞には、Th1細胞とTh2細胞というヘルパーT細胞があり、Th1細胞はインターフェロン・ガンマー等によってTh2細胞の働きを抑える働きをしています。



Th1細胞とTh2細胞の働きのバランスが崩れてTh2細胞の働きが強くなると、大量のIgE抗体がつくられることになり、花粉症などのアレルギー症状を引き起こします。



L-92乳酸菌は、腸内の微生物叢(腸内フローラ)を改善することによっても花粉症の症状緩和効果を得ることが出来るプロバイオティクスとされています。



乳酸菌は、腸内菌叢を改善し、腸内の善玉菌とされるビフィズス菌を増加させ、いわゆる悪玉菌を減少させる作用があります。悪玉菌が増えることで有害物質、毒素が腸内に増え、免疫機能に異常をきたしアレルギーを発症しやすくなるといわれています。



アシドフィルス菌は、自然の抗生物質とも呼べる、様々なバクテリオシン(Bacteriocin)を生成し、その中には、アシドフィリン(Acidophilin)、ラクトシディン(Lactocidin)などがあり、有害な微生物を消化器官から追い払ってくれます。



L-92乳酸菌は、カンジダ菌を除去する作用があり、普通は1ヵ月程度、どんなに頑固に居座るカンジダ菌でも半年もあれば除去でき、脂漏性湿疹によるフケで悩んでいる人やアトピー性皮膚炎に効果があります。

L-92乳酸菌 最新一覧 By 楽天
タグ:L-92乳酸菌

スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。